So-net無料ブログ作成

辨天娘 槽汲割水瓶燗 純米・燗酒 [日本酒]

IMG_2495_02.JPG

どうも。蓮子です。

少々前になるのですが、度々お世話になっている 田舎乃銘酒処 久山酒店 (福岡県糟屋郡久山町)にお伺いした際、燗酒でおいしく頂ける日本酒を教えて貰ったので、今回、紹介したいと思います。

IMG_2496_02.JPG

太田酒造場 (鳥取県八頭郡)の 辨天娘 槽汲割水瓶燗 純米 になります。

IMG_2497_02.JPG

このお酒は、冷やして呑むのではなく、燗酒として呑む日本酒…だそうです。

裏のラベルにも「お燗をして、食中酒としてお楽しみ下さい。」と書かれており、熱燗(50度前後 or 60度前後)以上の温度帯がオススメらしいです。

細かい話ですが、上燗って 45度前後 だと思っていましたが、60度前後が正しいんでしょうかね…。詳しい方、ご教授頂けたらうれしいです。[あせあせ(飛び散る汗)]

私の認識では、日本酒は「冷やして呑むも良し、温めて呑むも良し、常温で呑むも良し」といろいろな温度帯で楽しめるお酒だと思っていたのですが、中には熱燗でこそ楽しめる日本酒…というのもあるんだな...と少々驚きました。[あせあせ(飛び散る汗)]

ちなみに…ですが。
H19BY の BY は、Brewer Year(ビュルワー・イヤー)の略だそうで、お酒が醸造された年度(通常、その年の 7月 1日~翌年 6月30日まで)を意味するそうです。

ですので、H19BY となると、平成19年 7月 1日~平成20年 6月30日に醸造されたお酒…ということになるかと。(あまり自信がなかったりして…。[たらーっ(汗)]

IMG_2505_02.JPG

さて。
それでは、いつものように湯煎します。

IMG_2507_02.JPG

酒かん計 で温度のチェックしつつ…。

今回は 60度前後 でチャレンジしてみたいと思います。

IMG_2509_02.JPG
▲指にフォーカスしてしまった為、利き猪口がボケボケに…。[ふらふら]

熱々の徳利から、利き猪口へ…。

色は薄い琥珀色で、ツンとした香りがします。

ひとくち呑んでみると、やわらかい口当たり と すっきりとした味わい で、呑みやすいお酒だな…と思いました。

IMG_2511_02.JPG

さぁ、今回のアテ(つまみ)は、 ハラミの焼肉 になります。

IMG_2512_02.JPG

味付けされたお肉をキャベツと炒めてみました。

タレの風味が強く、そこそこ肉厚なので、これ単品でもおいしいのですが、人によっては臭みが気になるかもしれません。

そこで、今回のお酒と一緒に食べてみると…。

タレの風味は若干抑えられる形になりますが、お肉の臭みは消え、ほんのりとお酒の味わいも楽しめました。[わーい(嬉しい顔)]

ひょっとすると、このお酒は味の濃いお鍋とかと相性がいいかもしれませんね。

これからの季節にもぴったりな一本だと思います。

なお、あくまでもこのお酒は 燗酒 で楽しまれた方が良いと思います。

個人的には、常温ではあまり楽しめなかったので。 [あせあせ(飛び散る汗)]

それでは、今回はここまでとなります。

次回更新まで、皆様、ご機嫌よう~[るんるん]

辨天娘 槽汲割水瓶燗 純米
原材料名:米、米麹
精米歩合:65%
日本酒酒度:+9度
アルコール分:15度以上16度未満
容量:720ml
製造元:太田酒造場
太田酒造場
住所:〒680-0701 鳥取県八頭郡若桜町若桜1223-2
電話:0858-82-0611
FAX :0858-82-0612
公式サイト:http://www1.ocn.ne.jp/~bentenmu/

太田酒造場




▼ランキングに参加中です!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
▲楽しんで頂けたら、いずれかを
ぽちっと…お願いします~。
いつもありがとうございます。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。